TSS杯剣道大会は、県内で一番大きな団体戦形式の少年剣道大会です。

指導者の私めも参加した記憶がありますので、とても長い歴史のある大会ということが分かると思います。我が道場も上位入賞を果たすことを目標としている大会で、選手のみんなもこの大会に照準を合わせて頑張ってきました。

直前に選手がインフルエンザに罹り、欠員が生じたり、試合当日メンバー変更を余儀なくされましたが、急きょレギュラー入りした選手もよく頑張ってくれました。

小学生が3回戦、中学生が2回戦まで進みましたが、健闘もここまで・・・・・、惜しい試合内容でしたが、負けは負け。「勝ちに不思議な勝ちはあっても、負けに不思議な負けはない。」それぞれ、反省すべきところは素直に反省し、次の稽古に生かそう。

コメント
コメントする