恒例の尾崎神社への初詣と境内での初稽古です。

 

12月16日(土)〜17日(日)の2日間、江田島青少年交流の家で後期納め会を兼ねた合宿を行いました。

初日は、後期収め会は小学生低学年・高学年、中学生などの区分別の試合と指導者が元立ちとなった指導稽古。

2日目は、レクリエーションで風船割りをした後、お互い稽古。最後は、野外で自炊でのカレーライス作り。

他の団体の宿泊者と合同の朝・夕の集い、食堂でのバイキング形式の食事、大浴場での入浴など規律正しい集団生活の中、子ども同士でコミュニケーションを取り合い、力を合わせることの大切さを認識するなどいろいろな貴重な体験をたくさん積んでくれたことと思います。

この合宿で培ったチームワークと練習の成果を今後の試合で発揮してくれることを期待してます。

保護者の皆さん、準備から当日の対応までお世話になりました。お疲れさまでした。

・・・・・しっかし、この時期の野外での自炊は、寒さが身に沁みました。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

第49回広島市少年剣道錬成大会(ライオンズ大会)が、11月23日に広島サンプラザで開催されました。個人戦で各学年2会場程度で行い、会場ごとに3位までを決めるという大会で、少しでも多くの子ども達を表彰しようというライオンズクラブの意向が反映された大会です。ただし、矢野剣志会からは中学女子で入賞者1名という結果でした。みんな頑張れ!

 

7月30日(日)に安芸区スポーツセンターにおいて、広島市学区体育団体安芸区連合会主催の「第14回安芸区親善剣道大会」が開催されました。小学校低学年から中学生まで7人の団体戦で、矢野学区Aチームが優勝しました。

ローカルな大会ですが、なかなか勝てない時期も長く、何とか勝ち取ったって感じでした。決勝戦の中野東学区との試合はチームが一つになってとても良い連携・一体感でした。

 

試合の後は、各学年クラスに分かれて、合同の試合稽古を行いました。初心者も一緒に暑い中、朝から夕方まで剣道三昧。お疲れさまでした。

年に2回行っている納め会の様子です。

低学年・高学年、中学生にごとの内部の試合ですが、人数も増えた低学年が頑張りました。

入賞した人はこれを励みに、負けて悔しい思いをした人は次を目指して、これまで以上に頑張りましょう。

この大会は、海田警察署管内と安芸剣道連盟の各剣道教室及び中学校が出場する大会です。

この日は、広島市内の中学校の大会と重なったため、矢野剣志会は小学生のみの出場でしたが、女子個人戦で3位入賞するなど、頑張ってくれました。

目標は高く掲げ、暑くなるけど、みんなで頑張ろう!

ここに本文を記入してください。

ブログの更新を随分怠けてしまいました。

この間に、2月19日に開催された「TSS杯第48回広島県少年剣道錬成大会」は、みんなの大きな目標にして頑張ってきた大会でしたが、残念な結果で終わってしまいました。

ほかに、3月19日の「海田町町制60周年記念事業 海田町こども剣道講習会・錬成大会」、4月30日の「第11回安芸錬成会」、5月14日の「牛田新町剣道教室少年剣士錬成大会」、5月21日の「福山ばら祭2017協賛第46回近県少年少女剣道大会」、6月4日の「第35回広島県道場対抗剣道大会」などに出場しましたが、特筆すべき戦績も残せていません。特に道場対抗剣道大会は、全国大会につながる重要な試合でした。来年こそ全国に一緒に行こう!

みんな、それぞれ胸に秘めたものもあると思うので、これからも精いっぱい練習に励み、納得のいく試合ができるように頑張りましょう。

【TSS大会入場行進】

【海田町制60周年記念大会】